Through the following links, you can skip to the menu or to the main text in this page.

ALL-ROUND
SOLUTIONS,

ALL-ROUND
INNOVATIONS

電子制御小型ディーゼルエンジンD902-K

中国スモークⅢ類※
※車両を対象とした中国の規制

LIMITS AND MEASUREMENT METHODS FOR EXHAUST SMOKE FROM
NON ROAD MOBILE MACHINERY EQUIPPED WITH DIESEL ENGINE

価値

コスト・品質・環境対応
このエンジン一つで、
あなたの機械が全方位的に革新する。

新製品「D902電子制御エンジン」は、世界各地の最新排ガス規制(出力19kW未満)に適合すべく開発しました。北米EPA Tier4や欧州Stage V、中国4次規制(2022年12月施行予定)に加えて、中国の国家スモーク規制において最も厳しいⅢ類にも対応しています。
また、さまざまなニーズに応えるべくクボタ独自の技術を結集したオールインワンな電子制御エンジンでありながら、お客様の開発負担を増やすことなく載せ替えができる仕様となっています。1つのエンジンで、産業用機械や建設機械などあらゆる機械を全方位的に革新いたします。

パフォーマンス

始動時、加速時、急負荷時においても、視認できないレベルまで黒煙の排出を抑えられます。これは、小型エンジン専用に開発された独自のコモンレールとオリジナルのE-TVCS燃焼方式を組み合わせた新燃焼方式TVCRを搭載することで実現しました。
コンパクトなサイズと搭載しやすさを維持しながら、クリーンな排出ガスと低燃費、高効率な作業、さらには自動化・無人化・ハイブリッドなどのICTニーズにも貢献します。

可視スモークゼロ
低燃費
互換性
高効率
統合制御

可視スモークゼロ※1

SUPPRESS BLACK SMOKE

新燃焼方式“TVCR”により、
黒煙を見えないレベルまで低減

D902-Kは、新燃焼方式TVCRの採用により、エンジンの始動時、加速時、急負荷時において、黒煙が視認できないレベルのクリーンな排出ガスとなるよう改善しました。

※1:オパシメータ0.8m-1未満

Suppress
Black
Smoke
TVCR
Technology

TVCR Technology

TVCR Technology

低燃費

LOW FUEL CONSUMPTION

従来機と比べて燃費を約5%改善

RATED

5%down

6%down

D-902K

D-902K

従来型

従来型

このクラスで燃費性を向上するという高いハードルを、クボタ独自の技術によりクリアしました。加えて、排気量あたりの出力・トルクも高く、燃費とパフォーマンスの両輪を兼ね備えたエンジンです。

D902-KとD902 従来機との体格比較

D902-KとD902 従来機との体格比較

互換性

COMPATIBILITY

容易に載せ替えが可能

現行機と同じ外観寸法、給排気位置、エンジンマウント取り付け位置およびPTO (Power Take Off)のため、載せ替えが容易です。電子制御でありながらも、これだけの小型化・軽量化を実現したクボタのエンジンは、本機の開発・設計に大きく貢献します。

高効率

DRIVABILITY

高効率で安定した作業をサポート

電子制御化により、性能カーブの設定自由度を高められるので、従来機よりも定格域での出力フラット幅を広げることができます。
それにより、作業負荷変動に対する回転変動を抑制でき、オペレータの作業環境改善に貢献します。

SUPPRESS ROTATION REDUCTION

SUPPERES ROTATION REDUCTION

統合制御

INTEGRATED / INTELLIGENT CONTROL

「エンジン及び搭載車両をコントロールする
高度な統合制御が可能」

INTEGRATED / INTELLIGENT CONTROL

エンジンECUと本機ECUの相互通信による搭載機との統合制御が可能。そのため電子制御のD902-Kは、自動運転・無人運転やハイブリッドといった高度な制御を必要とする搭載機に最適なエンジンです。これから求められるICT化のニーズに幅広く対応します。

TVCR

クボタ独自の燃焼技術と電子制御の
画期的な掛け合わせで、
あらゆる環境下におけるエンジン駆動の
最適化と最大化を実現。

TVCR

独自の燃焼技術 独自の電子制御燃料噴射

クボタオリジナル燃焼システムである新燃焼方式TVCR。独自のE-TVCS燃焼方式(新3噴流燃焼方式)と、従来の電子制御ガバナとは異なる電子制御燃料噴射システムを組み合わせることで、運転条件に合わせた最適な噴射制御を実現しました。

回転数と燃料噴射量の最適化例

始動時の燃料噴射量を最適化し、
スモークの発生を極限まで抑える。

回転数と燃料噴射量の最適化例回転数と燃料噴射量の最適化例

カスタマイズ

ユニバーサルで価値ある
エンジンを提供し、
お客様と共に進化していく

クボタは、お客様のアプリケーション・製品販売地域・各開発製品の個別要望に応じて、最適なエンジンプラットフォームをご提案します。アプリケーションによって異なる多様な課題にも、豊富な搭載実績と開発経験により、解決することが可能です。

One Source, Multiple SolutionsOne Source, Multiple Solutions

一般仕様

機関名称
D902-K
適合排出ガス規制
日本 自主規制2次(建機3次), 米国 EPA/CARB Tier4, 欧州 Stage V,
中国 第4次規制 適合予定
形式
立形水冷4サイクルディーゼルエンジン
気筒数
3
気筒径と行程
72.0 × 73.6mm
排気量
0.898L
過給方式
無過給
排出ガス後処理装置
-
定格出力 / 回転数*1
18.5kW(24.8HP) / 3600rpm
最大トルク / 回転数*1
56.1Nm(41.4lb-ft) / 2600rpm
燃焼方式及び燃料供給装置
TVCR
外観寸法*2
434 × 401 × 544mm
乾燥重量*2
72kg

*1: SAE J1995に基づくグロス値

*2: 冷却ファンを除く値

諸元情報及び外観は、事前通知なく変更される場合があります。
外観寸法及び乾燥重量は、クボタの標準的な仕様に基づいた数値です。
実際に外観寸法及び乾燥重量は、仕様によって異なります。

お問い合わせ

pagetop