Through the following links, you can skip to the menu or to the main text in this page.

Kubota For Earth, For Life

エンジン

Menu

当社初の電子制御による産業用小型ディーゼルエンジンを開発​

2021年3月24日

クボタ本社プレスリリースはこちらから

クボタ初の電子制御産業用小型ディーゼルエンジン。​
新燃焼方式:TVCRを採用し、黒煙を見えないレベルまで低減。

D902 D902

出力19kW未満のクラスでは当社初の電子制御ディーゼルエンジン「D902電子制御エンジン(排気量0.898L)」を開発しました。​
小型エンジン専用に開発された独自のコモンレールシステムを搭載し、クボタオリジナル燃焼システムである新燃焼方式TVCRを採用しています。この組み合わせにより、始動時、加速時、急負荷時においても、視認できないレベルまで黒煙の排出を抑えられています。さらにはコンパクトな体格や作業性の良さを維持し、低燃費を実現しました。北米EPA Tier4、欧州 Stage V及び中国国4、中国スモークⅢ類にも対応します。​


量産開始時期:2022年​​

特徴
  • (1)黒煙を極限まで抑えたエンジン
  • (2)低燃費
  • (3)エンジン運転データの取得とドライバビリティ・作業効率の向上​​
  • (4)従来機との搭載互換性堅持
(1)黒煙を極限まで抑えたエンジン

D902電子制御エンジンは、小型エンジン向けに最適化された独自のコモンレールシステムと、それに最適化された新燃焼方式TVCRを採用しています。​
これにより、エンジンの始動時、加速時、急負荷時において、黒煙が視認できないレベルのクリーンな排出ガスとなるよう改善しました。​​

(2)低燃費​​

従来機の全負荷時燃費*より約5%改善を実現しました。

(3)エンジン運転データの取得とドライバビリティ・作業効率の向上​​
・電子制御化によりCAN*4通信が可能となります。これにより車両からの信号でエンジンの回転/トルクを制御することができます。​
・テレマティクス技術に必要なエンジン運転データについて、CANを経由して取得可能です。​
・メカ式ガバナ制御では実現できなかったトルク特性により、急負荷時の回転低下を抑制し、ドライバビリティ・作業効率を向上させます。​
(4)従来機との搭載互換性堅持

外観寸法、吸排気位置、エンジンマウント取り付け位置及びPTO(Power Take Off)については従来機から変更しておらず、容易な載せ替えが可能です。​

排気量 気筒数 出力 制御 燃焼方式
0.898L​ 3 18.5kW​ 電子制御​ TVCR

お問い合わせ

pagetop